ぷーぐる

主にウリス関連で思ったこと書いて行こうと思ってます

アヴェンジャー花代

2016年のWPSコングラサーバント獲得率3/4で絶好調なプクカスです。

今回立川チームWPSで使用したアヴェンジャー花代について解説したいと思います。
とはいっても元々このデッキは僕のものではなくのむくん(@WixossNom)からお借りしたデッキを前日に僕が調整したものになります。

まあやってることはシンプルなんで誰でも知ってる動きだと思いますが笑。

f:id:pukudon_wixoss:20160506164417j:plain


レシピ

ルリグデッキ

花代零
花代壱
剛炎花代爾
花代参
花代純肆
2チェインBB

2一蓮托生
1ディストラクトスルー

メイン
LB有
4サーバントO
4小砲ブドー
4弩砲ガンスナイプ
4弩砲アヴェンジャー
2西部の銃声

LB無
1サーバントO2
4小砲ワニセン
2爆砲エムイク
4小剣ミカムネ
4弩砲ゴルドガン
2烈情の割裂
3THREE OUT


【このデッキを使用した理由】(読み飛ばし推奨)
そもそも僕ワンショットデッキが嫌いなんですよね(池沼)。今回WPSにでるつもり以前に予定が入ってて出れないのと思っていたのですが予定を調べなおしたところでれる事が判明したのでツイッターで呟いたところゆーゆーてーブロガーであるてらたかさんに声をかけられて出ることになりました。僕ウリス回すのが楽しくてウィクロスやってるんですけど現環境でのウリスは強化もなし、環境にもフィットしていないとかないといった状況なのでウィクロス自体あまり触っていませんでした笑。つまり手元にデッキがない状態です。ウィクロスをプレイしてなかったことから環境に合わせて構築を合わせる「受け」のデッキよりも「攻め」のデッキを選択した方がろくにプレイしていなかった自分にとって勝率が高くなることは明らかだったので今回は「攻め」のデッキを使用することを決意。紅蓮遊月やしゃぶり子を借りる事もできたのですがこの2つはなんだかんだで状況に合わせた判断が必要なのと有名すぎるが故に対策が練られているデッキでもあります。なので今回の採用からは除外。それと僕自身の好みとしてロングショットをしようとしてLB踏んで負けるようなことは嫌いです。対策が練られておらずLBをケアでき、プレイミスがおきずらいデッキとして今回はアヴェンジャー花代を使用することを決めました。

【回し方】
そもそもこのデッキがどういうデッキかというとゴルドガンゴルドガンアヴェンジャーと並べることにより実質手札消費1枚で相手のライフクロスを1枚割ることを可能としたデッキです。よほど運が悪くなければ盾7枚1ターンで飛ばせます。なので4に乗って盾をすべて飛ばして3面開けカツレツor銃声でフィニッシュすることに構築もプレイも全振りしたコンボデッキです。

●レベル1〜3
基本的にやることないです。
・4まで乗れるように耐える
・4に乗った時のコンボに必要なエナをしっかり作る
ぐらいですかね。プレイングの要素としてはノーパンするかしないかサーバントを投げるか投げないかぐらいです。相手によってはこの少ない選択肢で勝敗が決まってしまうので要注意です。

エナチャージ時点でエナゾーンにマルチエナが0枚の場所コンボが始まらないので4グロウまでに1枚は置いておきましょう

●レベル4
4グロウ後に4エナあれば盾全クラッシュ銃声、3エナ以下の場合3面開けカツレツをフィニッシュ手段として考えましょう。できる限り前者のルートを目指して動きたいですがブルパニに弱いのでブルパニが入っていると予想されるデッキにはあえて3面開けカツレツのルートを目指して動くときがあります。


フィニッシュ手段をある程度想定した後は実際に動いていきます。
アーツを全部一気に使うのではなく適切なタイミングで使用することによってコンボの成功率を高めていきます。


・コンボ開始時
□エナゾーンにマルチエナが0枚
なんにもできません

□エナゾーンにマルチエナが1枚

一蓮托生(1枚目)を使用しデッキからマルチエナを2枚配置

一蓮托生(2枚目)を使用しデッキからマルチエナを2枚配置

チェインBB(1枚目)からアヴェンジャーゴルドガンゴルドガンの内足りないものを墓地から回収しつつ2ドローし手札を1枚捨てます。この際の破棄手札の優先度ですが
「サーバント>カツレツ、銃声の内フィニッシュ手段ではない方>スリーアウト2枚目>ウェポン>スリーアウト1枚目」
です。

アヴェンジャーゴルドガンゴルドガンが揃っていない場合チェインBB(2枚目)を使用し同じことをします。

もしアヴェンジャーゴルドガンゴルドガンが揃っている場合チェインBB(2枚目)を使用せずアヴェンジャーゴルドガンゴルドガンを場に出してしまいましょう。

その後は続く限りアヴェンジャーの効果を発動します。

アヴェンジャーの効果が続かなくなってしまってもしチェインBB(2枚目)を使用していなかった場合チェインBB(2枚目)を使用しウェポンの補給と不要牌切りをします。


チェインBBを2枚とも使ってしまっている状態でアヴェンジャーの効果が続かなくなってしまった場合ディストラクトスルーを発動します。

ディストラクトスルーのドロー効果を主に使うのですがもしリフレッシュ前であるならば一度に4枚ドローするのではなく一回ずつドローをしてアヴェンジャーの効果が使用できるかを確認し、使用できるのであれば使用しましょう。これはリフレッシュ前にアヴェンジャーの効果を使うことによってより多くのウェポンがデッキに戻るためコンボの成功率が上がる為です。

その後はなんも考えないで手札をぶん投げ続けるだけです。非ウェポンカードを引いてしまっていて詰まった場合スリーアウトが1回打てるのでスリーアウトを打ってウェポンを増やしていきましょう。


マルチエナ1枚スタートルートは正直割れる量怪しいです。5〜8ぐらい



□マルチエナが2枚orマルチエナが1枚、青エナが1枚の場合

アーツを発動した際の仕事は一緒な為略して書きます。


一蓮托生でマルチエナ2枚

チェインBB
チェインBB
ディストラクトスルー

そして残った一蓮托生の使い所ですがリフレッシュ後即発動し、マルチエナを2枚持ってきます。このタイミングで発動することによりデッキ内の非ウェポン率を下げコンボの成功率をあげます。

1週目で発動しても非ウェポン率を下げられるから変わらないのではないかと思う方もいるかもしれませんが1週目では元々掘ってたデッキ+ゴルドガン出現時×2でコンボ始動後に引く枚数が限られている為に効率が良くないのと非ウェポンを引いてしまった場合でもチェインBBを2枚発動する行程である程度は捨てられるのでリフレッシュ後に行う方が効率が良いと感じています。


その後はチンパンジーして終わりです。スリーアウト2回打てるので簡単です。


□マルチエナが3枚orマルチエナ2枚青エナ1枚

チェインBB
チェインBB
ディストラクトスルー

リフレッシュ後
一蓮托生
一蓮托生

下手したら2人殺せる量の盾割れます。






雑に【各カードの採用理由】 

サーバントO、サーバントO2
貴重なマルチエナ、防御手段

デッキの特性上非ウェポンカードはあまり入れられないですけど6枚目つんでも良いかも



弩砲アヴェンジャー、弩砲ゴルドガン烈情の割裂、THREE OUT、西部の銃声

コンボパーツ


小砲ブドー
つよいウェポンのレベル1
このデッキに対してたまにノーパンルートしてくる相手がいます。そういう時にエナの関係上マルチエナ1枚ルートになることが多いので4乗る前に点が取りフィニッシュを安定させられる子


(なんで入ってるか教えてくれのむくん)
LBでゴルアヴェ探しに行ける


弩砲ガンスナイプ

このデッキ防御手段の薄さから速攻にものすごく弱いのでLBでお祈り

3面開けカツレツルートのときアヴェアヴェガンスナすると14000が3体並ぶので12000系の除去アーツがかわせます



小砲ワニセン、爆砲エムイク、小剣ミカムネ
(なんで入ってるか教えてくれのむくん)
初めて見たときめっちゃテキスト確認した

フルパン防止になります

ミカムネは遊月に弱そうですね



構築の点で気をつけることがあるとしたらウェポンと非ウェポンの枚数の比率が高いですがどこらへんが一番バランスいいかは正直分からないです。

さらにデッキ強くしていくならLBをもっと除去系重視にしてお祈り性能高めるとかですかね。




基本的に4乗れば勝てるデッキなんで速度が遅いデッキにはどんどん攻めていって4乗る前にこっちを殺してきそうなデッキ相手はノーパンしてワンショットを狙いましょう。
相手を殺すことよりもとにかく自分が死なないことを意識です。
ピルルク相手は一応ルートあるんですけど複雑すぎて文章にできないんで会えれば話します。



のむくん(@WixossNom)に感謝を!!