ぷーぐる

主にウリス関連で思ったこと書いて行こうと思ってます

13弾ウリス(蜜柑)

レシピもプランも完成してないけど書きます(?)

意見ください助けてください

 

レシピ

ルリグデッキ

1ウリス

1灼熱の閻魔ウリス

1衆合の閻魔ウリス

1三途の閻魔ウリス

1焦熱の閻魔ウリス

2フォーカラーマイアズマ

1ブラッディスラッシュ

1ペナルティチャンス

1アイスフレイムシュート

 

メイン

LB

2サーバントO

4大罪の所以バアル

4千夜の夜王イフリード

1堕落の虚無パイモン

1堕落の才女ルシファル

1フィアヴィックス

1弱者の必滅ディアボロ

1堕落の砲女メツム

3ダイホウイカ

2エニグマオーラ

 

LB

4サーバントO2

1コードアート♰SC

3堕落の消滅アリトン

4好色の罪人ベルフェーゴ

2破戒の水辺パルヴァ

1三首の連打ケルベルン

1コードアート♰ALCA

1バイオレンスジェラシー

3デスバイデス

 

【この型を採用した理由】

久々に大きくレシピが変動しました。

まず13弾におけるウリスのカードプールの変化についてお話ししたいと思います。まず悪魔新規である

≪千夜の一夜ジン≫

≪千夜の二夜シャイターン≫

≪千夜の三夜マリード≫

≪千夜の四夜ソロモン≫

≪千夜の夜王イフリード≫

が加わりそれ以外だと

≪枯樹生華≫

≪ネクストパニッシュ≫

のような採用も考えられるようなアーツも加わりました。

正直イフリード以外の千夜シリーズは使い道が思いつかずどうせ手札0にするならガンデーモンネクロマンサービートルトリシュあたりを刷ってくれと願いました。イフリードについてなんですがこいつ単体だと弱すぎてお話にならないですがベルフェーゴと組み合わせることに最前線に立つことができると感じています。後にも話しますが11弾以降のウリスの強みとして序盤中盤終盤常にダメージ面で相手にプレッシャーを与えられることであり4以降アタックをトリガーとするシグニ達で3面要求を繰り返すことで勝ちをもぎ取れることだと思っています。今まで序盤での面空けの役割を担っていたのはアインダガやデスバイデスでした。これらのカードは非常に強力なものの使うとリソースが1減ってしまうカードでしたが今回登場したイフリードはベルフェーゴと組み合わせることによりリソースを消費せずに面空けを行える賢いカードです。枠奪いすぎて賢くない。なのでダガの枠を無理矢理イフリードベルフェーゴに変更しました。

もう一つの大きな変更点なんですがついにイカを採用しました。採用理由としてはサシェやヘルボといったカードが増加したように感じたので15000ラインシグニの処理の為です。

イカはそれ以外にも2ドローの面がとても強く黒いルリグであるはずのウリスでさえ通常2ドロー、エクシード2ドロー、イカ2ドローとデッキを6枚も掘ることが可能となりますその後アタック時のトリガーで何枚か捨てることになると思うのですがこのデッキからたくさんカードを引いて捨てるという行為自体が手札の質を上げているので強力なのです、遊戯王で言うところの天使の施しだったりMTGで言うところの渦巻く知識といったカード達です。イカをウリスでどのように運用するのが強いのかについてなのですがイカはアタックフェイズ開始時に2枚引いてエンド時に1枚捨てるといった効果があります。つまりエニグマオーラを合わせたり、相手にアーツで除去してもらえばエンド時のデメリット効果を回避することが可能となるのです。おそらく他の人が使っているイカ採用型ウリスの特徴としてはエニグマと合わせて使用することに重点を置いている人が多い為4に乗った後の動きやエニグマ回収への安定性を高めている人が多いと思います。今回の私のレシピではそうではなくアーツの強要の繰り返しによりイカを有効活用するようにしてあります。デッキパワー的にはおそらくエニグマ連打型の方が高いのですが僕の身の回りでルリグストップ系の採用率が上がっていたのでそれらでプランが崩壊してしまう可能性があるのものよりもどちらかというと従来型に近いようなデッキを構築しました。

 

 

【各カード採用理由】

基本変わらないので前の記事参照

≪サーバントO≫≪サーバントO2

サーバント6

イカのドローウリスエクシードドローでデッキはたくさん掘れるので6でも4グロウ後は基本握れます

 

≪大罪の所以バアル≫≪コードアート♰SC♰≫≪堕落の消滅アリトン≫

採用理由は前と変わらず

バアルはシクラメンと枚数調整も視野

アリトンの枚数変更に関してはメインアタッカーがディアボロスからイカに変更されたため枠の都合上や使用頻度からも3に減少

 

≪千夜の夜王イフリード≫≪好色の罪人ベルフェーゴ≫

アドバンテージの損失をせずに面空けができる下級セット

 

ベルフェーゴは序盤は面空け、リフレッシュ後のケア、アリトンチャームといった具合に様々な仕事をこなせるのでフル投入

 

≪破戒の水辺パルヴァ≫≪三首の連打ケルベルン≫≪コードアート♰ALCA♰≫

採用理由は前と変わらず

ケルベルンは序盤での仕事がベルフェーゴイフリードと被るが終盤の詰めで必要となるので1

 

≪堕落の虚無パイモン≫≪堕落の才女ルシファル≫≪フィアヴィックス≫≪弱者の必滅ディアボロス≫≪堕落の砲女メツム≫

いつもの

ヴィックスは意見分かれるかもしれませんがこいつあるだけで一気に楽になる相手はしっかりいるので1

 

 

≪ダイホウイカ≫

さっき書いた

4枚目の枠を探す旅

 

 

エニグマオーラ≫≪バイオレンスジェラシー≫≪デスバイデス≫

ファイナルデストラクションは死んだらしい

エニグマの枚数増加はイカ有効活用の為

デスバイデスは序盤からイフリードで焼けないラインを除去するためのもの

 

 

ルリグデッキ

レベル2ウリスはメインでのレベル2シグニが増加したためリミット5のものに変更

マイアズマに関してはベルフェーゴ蘇生でイフリード落とすとうまぶれます。

アイスフレイムの採用理由はなんか効果たくさん書いてあって強そうに見えたからです

打つのにかなり無茶します

 

 

【各デッキに対する動き】

そもそも対戦してない

 

 

終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかごちゃごちゃ言ってる上にエアプですがおそらく強いので追加の意見ツイッターとかでください

 

とりあえず序盤の火力と上級のバランスは今のとここれが限界です

 

 

以上です